ランチ

 

カレッタ汐留の中にブリトー専門店があります

「フリフォーレス汐留」 http://www.frijoles.jp/

 

とても美味しいお店です

機会があればどうぞ。

2018 年採用 会社説明会を開催します。

2018年3月卒業予定・既卒者向けに会社説明会を実施致します。

 

************************************

日 程:2017年5月29日(月)

時 間:15:00~17:00

場 所:大田区大森南3-19-12  酸京ビル

アクセス:http://sankyocloud.co.jp/ 内「CONTACT US」に

グーグルマップとPDFの地図がございます。

申込方法:下記アドレスに3点をご記入の上、ご連絡ください。
recruit☆sankyocloud.co.jp ☆→@に変更してください
1.氏名(フルネーム)
2.連絡先  ※携帯番号
3.会社説明会への抱負

エントリー締切:2017年5月26日(金)
************************************

【お願い】

会場の都合上、定員を設けております。
満席の場合は、その旨ご連絡差し上げます予めご了承下さいませ。

 

すでにエントリー頂いている皆様、ありがとうございます。

素晴らしい会社説明会への抱負に、準備にもより入念にやらなくてはと

スタッフ一同身の引き締まる思いです。

 

一期一会を大切に。

 

みなさんの貴重なお時間を頂けることに感謝致します。

弊社の今をしっかりお伝えさせていただきます。

 

そして今回、新しい採用担当がデビューします!

お楽しみに!!

君の名は。

「酸素のサンに東京のキョウ、でカタカナでクラウド」

居酒屋で領収書を貰う時に、今まで何度も繰り返してきたこの説明

もう、このくだりにも飽きたので・・・

 

「酸辣湯麵のスーに北京ダックのキン、でカタカナでクラウド」

次回は、この説明で領収書を発行してもらいます!

多分、中華屋なら通用するはず。

 

勿論、入社2年目のKにやらせます!

特殊効果への道

 

採用活動を行う中で専用フォーマットでの提出をお願いしている弊社

いろんな志望動機を拝見させていただくと、その熱い想いに心を打たれます。

 

人として「~をやりたい」という強い想いは大事だと再認識する瞬間でもあります。

 

しかし、最初から弊社が求めるレベルで出来るかという点では

経験者採用をしても弊社が求めるレベルなのかは未知数なのです。

 

ひとそれぞれ、出来るのレベルの認識も違うのです。

 

入社後、「特殊効果をやるために入社したので他のことはやりません!」という人は弊社で続けていくことが難しいといわざるをえません。

※現状、弊社内にはそんな人がいないのですが・・・。

 

今の形が弊社のゴールではなく、時代も会社も人財も常に変化してゆくこと。

 

特化することは強みでもありますが

時に特化しすぎることによる痛みが伴うということ。

事実を知っているのと、知らないのでは大きな差があります。

そして、特殊効果をやり続ける為にはやらなければならないことが沢山あります。

機材のスイッチを押すだけが仕事ではないのです。

事前打ち合わせからオーダーを頂き、社内での事前準備・点検(検証)に始まり

機材積み込みから移動、当日、撤収まで。

 

まさにオーダーを頂いてから、弊社社員が会社に戻ってくるまでが仕事と言えます。

 

 

「未来に種を撒くこと」

 

簡単なようでいて、実は根気のいる作業です。

 

人の記憶は時間と共に薄れていきます。

またそれが人間のいいところでもあるのです。

 

いずれ、2017年5月17日という今日を思い出す時に、もう一度考えてほしいと思うのです。

 

今の自分の行動でいいのか

今自分にできることを精一杯やれているか。

 

すすんだ先に、また未知の可能性が広がること。

 

自分を信じ、仲間を信じて。

時に助けてもらいながら共に成長してほしいと切に願っています。

 

1日24時間、睡眠時間も食事時間も、自由時間も全て特殊効果への道に繋がります。

 

どんなときも仕事に縛られると考えるのではなく

むしろ楽しんで自分の心地よさを追求したいものです。

 

そして、自分自身を許すために周りを許す自分でいられることこそ

継続する秘訣かもしれません。

 

人生は一生勉強です。

ムダなものなんて実はひとつもないということを知ること。

 

時に理不尽だと思われる「○○をすること」に対し

理由を求めるではなく、自分の行動への理由づけをすることが大人の仕事の在り方だと思います。

 

自身のエゴで私だけ特別にしたくなりがちですが・・・。

 

約1ヵ月考えた自身の答えそれは。

自分が理由づけをしなければ、ムダは存在しない」ということ。

 

それは、叶わぬ願いだとしても

言葉にして行動してゆくことでかわってゆくものがあるという現実を知る瞬間に出会うときに知るのです。

 

この場にいる意味を考える時

これまでをスキルに変えるとするならば、何と書き記すか考えてみませんか。

 

人生で2番目に辛かった日から、そろそろ一年になります。

すでに都合よく忘れてかなりの部分を封印してしまってましたが(笑)

 

ひとつ成長できたと思うことにします。

 

いつか、この時を懐かしく思える日がきますようにー。

 

そして、ありがとうございました。

 

ここからはじめたいと思います。

 

高い空を見上げて

 

あんさん、帽子どないしはったん?

帽子がトレードマークだった人に数か月ぶりに会うと・・・

帽子を被っていなかった・・・

 

「なんで?」と聞くと、、、

「別に、、なんとなく、、」と言葉を濁し

その事には触れないでくれ、、、という空気をかもし出した。

 

 

あれほど、帽子を脱げと言っても、頑なに脱がなかったのに、、、

バイクから降りヘルメットを脱いだ瞬間に、帽子を被っていたのに、、、

 

帽子を被っていた過去を、無かった事にしたい様である。

僕は、その空気を察して、それ以上は追及せずに、そっとしておいた。

 

今月末、また、その人に数か月ぶりに会う予定です。

 

「ご無沙汰どす、お達者どしたか?」と京都弁をブチかまされても

その事には触れずに、接しようと思います。

 

 

長期の京都出張、ご苦労様でした。

 

 

 

830km

2016/7/22から、とある目的の為に830km歩いたようです。

 

830kmというと、東京から札幌までの距離だと調べて分かりました。

札幌といえば、もと後輩の I君が住んでいます。

今日みたいに天気がいい日は、I君のテカテカのおでこに太陽の光が反射して

凄く眩しかった事を思い出します。

札幌で元気で頑張っているそうです!!

 

ちなみに、花粉の季節にはK君の事もちゃんと思い出しています。

 

1000km目指して頑張ります!○○○○ゲットだぜ!

自分自身に許可を出す

 

会社や組織においてはルールに従ってとる「許可」

「~してもよろしいですか?」 というものです。

 

基本OKをもらわないとできないこと。

またしかるべき地位を得たことにより、許可の範囲が広がる人もいるでしょう。

 

組織における許可には受ける側にも責任がつきものです。

 

ただ、せめて自分の人生は

誰かに許可を求めるではなく

自分自身に許可を出すことを選びたいものです。

 

働く上ではいろんな想定外が起こります。

 

いろんな経験をしている人は「まずやってみる」こともできますし

場合によっては「叱られる」ことをわかった上で行動する人もいます。

※もちろんケースバイケースです

 

やってみて結果がでないのは 「自己責任」

うまくいったら「自己成長」

 

場数を踏むことでやがてスキルがつき

周りを惹きつける人間力が伴うのです。

 

可もなく、不可もないことは一見楽に見えますが

後々の自分の成長は見込めなくなるということ。

 

出る杭ではなく、出過ぎる杭になればもう打たれることはありません。

※外資系のお仕事をされている方はまさにこういう働き方をされます。

 

時に自分に悩んだり

不甲斐なく思う日もあっていい

 

だって人間だもの。

 

できないことを知ることこそ、学びの種になるのだから。

 

 

 

 

ラスト

酸京クラウド2年目のKです

 

今日から、半年以上に渡りずっとお世話になっていた方々と

最後の仕事になります.

 

 

お世話になった方々に感謝しつつ

悔いのないように頑張りたいです。

もしも3つの願いが叶うならば・・・

GWの最終日、奇跡的に取れたチケットは「アラジン」

 

※大人気で全く取れないチケットで、四季の会に入っていてもキャンセルがでることなんてほぼ皆無です。

 

遠足の前日のこどもちゃんのように

夜はワクワクでねむれず、5時に目が覚めた朝。

気分はまるでデートです!(笑)

 

遠くても大丈夫、ジーニーに逢えればそれだけで幸せ。

 

弊社の名前がパンフレットに載っています。 ありがとうございます。

 

アラジンのお話は、ディズニーが原作になっているため

内容をご存知の方もいらっしゃると思うのですが

今後、観劇を楽しみにしている方のために極力割愛します。

 

今日はジーニーの願いについて考えてみたいと思います。

 

ジーニーがランプの魔人として狭いランプの中で長い時間を過ごし

願い続けたのは、「自由」

 

果たして自由を得たジーニーはその後本当に幸せなのでしょうか

 

「~しなければならない」ことに縛られてしまうと人は自由を求めます。

 

自由のあり方は人それぞれですが

仕事のあり方で考えると

フリーランスという働き方をされる方もいます。

会社の規則や、しがらみからの開放です。

 

しかし、生きていく、生活していく上では自由は時に大きなリスクも伴うということ。

自分の行動に常に責任が伴うのです。

 

世の中なんて自分の思うように行くわけがない。

※むしろ思うようにいかないことが人生・・・。

「自分の発する言葉には大きな責任が伴う」ということ。

大人になるとはそういうことかもしれません。

 

とはいえ、解決できない思いをたくさん抱えてしまうと自身も大変なので

しかるべきときに、しかるべき人に話したり、相談することをお勧めします。

 

人は1人では生きていけません。

 

誰かが誰かに支えられている現実を知ること。

どんなに優秀でもひとりでは出来ないことも多いのです。

 

だからこそ、弊社における共育は

仲間を大切にし友に育つ仲間であり続けたいと願うのです。

 

ハッピーエンドで終わるこの話の続きがあるならば

世界を旅したジーニーとアラジンが再会するお話をみたいですね

魔法がなくても相手を思う気持ちがあれば大丈夫。

人の関係性は繋ぎなおすことができるから

ひとりじゃないさ、助けあえる。」

 

アラジンのサントラから流れる歌が心地よいです。

 

もしも、あなたの元にジーニーが現れて3つの願いが叶うならばあなたは何を願いますか。

 

創造力を働かせて最高のハッピーを考えてみてください。

そして、その未来を明確にイメージすること。

 

セルフイメージはまさに、自身を知り自分軸をつくる大事な作業です。

 

・・・ということで最高のイケメンジーニーですが

実はあなたのすぐ近くにもいますよ。

そっと、見守りあなたの願いをかなえてくれる人がー。

 

きっと、ちかくに。

 

あっという間に一ヶ月

この四月から入社しましたMです。

1日1日が充実していたからか、あっという間に一ヶ月が経ちました。

 

先日は、地元に帰省していました。

久しぶりに親戚と会えてみんなから励ましの言葉をもらいました。

 

これから暑くなりイベントも多くなりますが、頑張ります!!!