自転車

自転車利用者増加に伴い、自転車による事故や違反が多くなった為、2015年6月1日から道路交通法が改正されました。
改正から2年以上が過ぎていますが、未だに知ってか知らずか違反をしている人達を、よく目にします。

ここで今一度改めて、改正された部分を再認識しようと思います。
改正された項目は、下記の14項目です。
1.信号無視
2.通行禁止違反
3.歩行者専用道での徐行違反等
4.通行区分違反
5.路側帯の歩行者妨害
6.遮断機が下りた踏み切りへの進入
7.交差点での優先道路通行車妨害等
8.交差点での右折車妨害等
9.環状交差点での安全進行義務違反等
10.一時停止違反
11.歩道での歩行者妨害
12.ブレーキのない自転車運転
13.酒酔い運転
14.安全運転義務違反

1項目づつの解説は今後順を追ってさせて頂きますが、大体のことは、上記の14項目を読めばわかるかと思います。
ちゃんと全部読むと長くて、こんなの覚えられないと思うので、私なりに簡単に要約してみました。
自転車も車と同じ分類なんだから、車と同じように歩行者保護第一で、標識とかちゃんと見て理解して通行しなさい。
と言うことだと思います。

14項目目のみがふわっとしてますが、「車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない」ということです。
これは、道交法第70条に記載されています。
イヤホンの問題とかありましたが、今は周囲の音が聞き取れていれば問題ないとなっているようです。

これらが、わかりやすくイラストで描かれているものが、警視庁のホームページにありましたので、URLを記載しておきます。
弊社の自転車通勤の人は、見て覚えてもらいたいですね。

自転車の正しい乗り方
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/bicyclette/jmp/bicyclette.pdf

個人的に一番嫌いな自転車運転者は、子供を乗せた母親ですね。
自転車通行可でもない歩道を、とても安全とは言えないスピードで走行して来ます。
全員がそうとは思いませんが、私の知る限り大抵の方々はそうでした。
子供がいるんだからいいでしょ!みたいな感じ。
おばちゃん特有のオラオラ感。
子供を盾にして、情を誘う作戦なんでしょう。
どちらかと言うと、子供が可哀想で情が湧くのは私だけでしょうか。
まぁ、自分がお腹痛めて産んだ子供をどう使うかはその人の勝手だが、社会のルールは守りましょう。

社会のルール/BiSH
*この動画は弊社とは関係ありません。

これで文字数は、1139文字です。